ジャニーさん。

先日、ジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川氏が天国へ旅立ちました。


もちろん私はただの一般人の身ですから、ジャニーさんとお会いしたことなどありません。


言ってしまえば、赤の他人です。


ですが、この人ほど私の人生に影響を与えた人はいないような気がします。


彼がジャニーズ事務所を作らなければ、私の人生は今とは大きく異なっていたはずです。


もともとは野球グループをつくる目的だったのが、いつしか国民的アイドルをたくさんうむ事務所になっていました。


私がジャニーズ事務所を知ったのは小学3年くらいのころなので、まだ10年ほどしかジャニーズ事務所を見てきていません。


報道されるジャニーズ事務所の素晴らしさとは裏腹にたくさんの闇をあの事務所は抱えています。


正直、芸能事務所で闇を抱えていないところなんてないと思います。


特にジャニーズは大手芸能事務所ですから、私たちが知らないだけで相当な爆弾を潜めてるはずです、ふふ笑


そんなことは置いといて……



赤の他人であるジャニーさんに私は本当に感謝しています。


ジャニーズのおかげで、私の人生は毎日がキラキラ輝いています。


つらいことや逃げ出したいこと、涙を流してしまうこと、


生きていれば数え切れないほどの壁にぶち当たります。


今までもたくさんぶち当たってきました。


その度に彼らに元気をもらってきました。


直接会って話せるわけでもないし、

彼らは私のことなんてなんにも知らないけど、


それでも


彼らからとんでもなく大きなパワーをもらっています。


画面の中で笑顔で歌って踊る彼らを見て、

「今日もがんばろう」と思えるんです。


どうしてでしょう、不思議ですよね。



今だに男尊女卑が残る世の中で、

女性だという理由で下に見られることが生きていてたくさんあります。



でも彼らはそんなことはしません。

当たり前ですが、当たり前じゃないんです。


「ファン」というだけで、平等に愛を与えてくれます。


世間に否定されてひとりぼっちになった気になっても、彼らは味方でいてくれる、そう思ってしまうんです。



ジャニーさんマジックですね。



そして、いつの間にか自分のほぼ全てをかけて彼らを応援しています。


これが、ジャニーさんが生涯かけてつくりあげた、ジャニーズエンターテインメントなんだと感じました。



私はもちろん、誰も、ジャニーさんがいないジャニーズ事務所を知りません。



「You 来ちゃいなよ」

なんて呼ばれてスターになるような子はもういないでしょう。



最愛の父を亡くした彼らにファンが出来ることはたったひとつ。



変わらずに応援し続けることです



ジャニーさんの入院中の様子や、家族葬の様子を見て、



なんて素敵なファミリーを応援しているんだろう、と思いました。


こんな人たちを応援できて、本当にしあわせです。



これから彼らがたくさん活躍できるように、


前に進めるように、


ジャニーズ事務所がもっといい事務所になるように、


全力で応援していきたいですね。



ジャニーさん、ありがとうございました。


ご冥福をお祈りします。




ありがとう、Hey! Say! JUMP。担降りします。

【注】めちゃくちゃ長いです。笑



Johnny's presentsHey! Say! JUMP LIVE 2019 in Taipei が決定しましたね。

Hey! Say! JUMPのみんな、おめでとうございます。


私はこの決定に伴って長年応援してきたHey! Say! JUMPから身を引こうと思います。


以前もブログで書いたのですが、私が彼らを好きになったのは「真夜中のシャドーボーイ」からです。

ドラマスクラップティーチャーのタイアップでした。

学校や家で知念くんの「なんちゃって」をやたらと真似していました。


最初は山田くんが好きで、古畑中学生や探偵学園Q、先生はエライっなどの過去の作品も親に頼んでレンタルしてもらい見ていました。

今はスマホがあるので便利ですね😅


スクラップティーチャーに4人も出て売れてるのか!と思いきやそこから1年半ほどシングルの発表はありませんでした。


ジャニオタになってすぐでしたのであまりの活動のなさに嵐に軽く浮気しました(10周年頃かな?軽くというか全シングル全タイプ買うレベルだった)


そして嵐嵐〜とか言ってた頃、自担がドラマに出ると知りました。

それが左目探偵EYEです。

また探偵ものかよ、とか思ったのですがめちゃくちゃ話は面白かったし、石原さとみさんと共演していたのでなかなかに画面が美しかったです。

そのドラマのタイアップで1年半ぶりに新曲をリリースしました(瞳のスクリーン)


そこからはちゃんとシングルを出すようになりました。(SUPER DELICATEまで)


その間にメンバーが1人減りました。


新聞を持っておばあちゃんが慌てて私の部屋に来ました。


Hey! Say! JUMPの子が未成年喫煙したってよ」


その後彼はシングルにもおらず雑誌にもおらずプロフィール欄からも消え、事実上の脱退となりました。


ライブ中の記者会見で、最年長薮くんが謝罪してメンバー全員で頭を下げていた映像は今見ても心が痛みます。

未成年の立場で、メンバーの不祥事に、そしてたくさんのファンの前で謝罪をする彼らはすごいです。

よくがんばりましたよ、ほんとに。


SUPER DELICATEは、山田涼介と中島裕翔が出た「理想の息子」のドラマのタイアップでした。

その時のオタクは、不仲なふたりが共演して大丈夫なのか……あせあせ😅という感じでした。懐かしい。



そして……また来ました1年以上シングル出ないターン。


その前に自担の山田くんはスペシャルドラマ金田一少年の事件簿のタイアップでソロデビューしました。(また探偵ものかよ)(2回目)


 いや~山田担としてはめちゃくちゃ嬉しかったです。

でもやっぱり複雑でした。

JUMP、大丈夫かな……。正直ずっと不安でした。


そしてバーモンドカレーのCMタイアップでまた新曲をリリースしました(Come On A My House)


この時期の東京ドーム公演(全国へJUMPツアー)は席が埋まらずジャンピングシート?でしたっけ?名前忘れましたがそんな謎席まででき、席を風船で埋めるという作戦まで実行していました。

今思えばとんでもないですね。そこまで見栄を張る必要あったのでしょうか、、、😅


それを知った私は本気で焦りました。

やばいんじゃないか?という不安が、確信に変わりました。


そこから学校の友達にJUMPを広める活動を行い、中学生のくせにTwitterで宣伝していました(当時は誰もTwitterなんてしてなかった)



ちなみに金田一が連続ドラマ化されてから私は有岡担になりました(ここは軽く済ませます)(軽すぎ)



Ride With Meをテレビで初めて見た時の衝撃は忘れられません。

人数が多いのにきちっとダンスが揃って、めっちゃかっこよくて絶対売れる!!って思いました。

なぜならJUMPも「売れてやる!!」って感じで、めちゃくちゃに燃えてて、アイドルとファンってこうやって気持ちが繋がっていくんだ……と思いました。

あーーこの頃がピークで楽しかったなぁ……


そしてそこから24時間テレビも決まり、伊野尾がかわいいと有名になり、Hey! Say! JUMPが着実とスーパーアイドルへの階段を駆け上がっていきました。


若干さみしいなぁなんて思っていました。


でも好きな人たちが売れること、好きな人たちを好きな人がたくさん増えること、こんなに嬉しいことはありません。


Hey! Say! JUMPって言っても分かってもらえなかったあの頃の未熟でがむしゃらな彼らから、「theジャニーズ」へと変貌してました。


私はこの時、彼らなら絶対トップに行ける!!そう思ってました(WESTにも同じこと思ってた)


CMもバラエティも決まったり、今まで見たことなかった景色をたくさん見せてくれるようになりました。


10周年で、念願の紅白初出場も叶いました。


私このグループを好きになって本当によかった。

胸を張って、Hey! Say! JUMPが好きだと言えるようになりました。



JUMPing CARnivalI/Oまで、特にDEAR.の時はファンの増加を実感しました。


名前すら知られてなかったような彼らが今はこんなにたくさんの人に愛されてる。

彼らのいいところ、かわいいところ、かっこいいところ、おもしろいところ、たくさんの人が気づいてくれた。

すごくすごくしあわせでした。



10周年を過ぎて、圭人が留学に行き、だんだんとHey! Say! JUMPがなんか形容できない違和感に包まれていきました。



スキャンダルも続き、パフォーマンスのやる気のなさ、アイドルへの意識……


まるで違うグループみたい……


そう思いました。


売れてやる!と必死にがむしゃらになっていたキラキラの彼らはどこへ行ったんでしょうか……


自己中なのは分かっています。

でも昔のJUMPに戻って欲しい。

そう思ってしまうんです。

どんな彼らだって受け入れろ、と言われるかもしれません。

それくらいの覚悟を持って応援してきたつもりです。


そんなもやもやに包まれたまま平成が終わりました。


平成が終わるとき、「私が生きた時間の平成の半分はHey! Say! JUMPのことが好きだったし、素敵な色で彩ってくれたなぁ」と思いました。

新曲も2週連続リリースされ、涼介はドラマ映画、伊野尾と知念はドラマがあり、ほかのメンバーは舞台など、、たくさんお仕事もあり喜んだのもつかの間、「本年度のアリーナツアー中止」(これについては以前ブログで書いています。)


まあアリーナツアーしないからといって担降りまでは行きませんでした。

それはブログにも書いてあります。


今年は彼らに会えないのかもしれないのか……


そう思った矢先、今回の台湾でのライブの発表がありました。



JUMPに見放された」


こう思ってしまいました。

思いたくなかった、考えたくなかった、だけどどんな理由であれ、私はこう思ってしまいました。


私たちにはわからないこと、知りえないこと、たくさんあるでしょう。

彼らだって台湾でのライブを自ら望んでいたとは思えません。

だけどわざわざ「Johnnys presents」と銘打っておいて、Hey! Say! JUMPを使う意味が分かりませんでした。

事務所にとってJUMPはそういう扱いなのかな、と思いました。

ラジオで今回の件について言及したりしたメンバーもいます。

でもツアーの時と同様、Hey! Say! JUMP全員がファンに気持ちを伝えない。

これがどうしても理解出来ませんでした。

事務局から迂闊に発言するな、と言われてるんでしょうか。

でも軽くふれることくらい出来るはずです。ラジオで言ってるくらいですから……


Hey! Say! JUMPはファンが嫌い」


ずっと思っていたことですがこのように形になって現れると一気に現実味が増して、寂しくて悔しくて涙が止まりませんでした。


今回の件を受けて、私のようにHey! Say! JUMPから身を引く人、これからも変わらず応援する人、、

いろんな人がいると思います。


今の彼らは私には応援できません。

ずっと見てきたからこそ、嬉しいことも悲しいことも悔しいことも全部一緒に乗り越えてきたからこそ、私は降ります。


私が好きだったHey! Say! JUMPはもういません。



デビューしたとき、Ya-Ya-yahJ.J.Expressから一部のメンバーが引き抜かれ、入所したての子も入ったりして、彼らは周りから相当冷たい目を向けられたと言っていました。

アウェイだった、と。

メンバーもバラバラで仲もそんなに良くなくて、かなり大変だったと思います。

数年経っても個人の仕事はほとんどなく、山田ばかり、、とファンもメンバーも複雑でした。

そんなたくさんの壁にぶつかって、やっとトップへのスタートラインに立てたと思ったら、、、。

彼らはアイドルとしてトップになるのは諦めたんでしょうか。

後輩のどのグループより可能性を持ってるのに……




Ride With MeCome On A My Houseの頃の映像を見て自然と涙が出てきました。


JUMPのこと大好きだったなぁ……


ずっと好きだった人から離れる不安や寂しさは恋愛と変わらないですね。

どんな場合でも切なく名残惜しいですね。


私がJUMPを好きだった10年以上の歳月に後悔は全くありません。

彼らの成長を共に歩めたこと、本当に幸せに思います。

もしこれから彼らがトップアイドルになるような日が来たら、心から祝福します。

でももう戻ることはありません。

私が好きなHey! Say! JUMPはもう終わりました。



Hey! Say! JUMP

私をジャニーズという世界へ導いてくれてありがとう。

私の世界を華やかに彩ってくれてありがとう。

JUMPを好きにならなかったら見られなかった景色、たくさん見せてくれてありがとう。

しあわせ、勇気、元気、笑顔、たくさんありがとう。




これからもずっと私の中で永遠のアイドルです。




みんな、しわあせになってね。




自分たちが決めた道を突き進んでください。

そして今いるファンのみんなのこと、たくさんたくさん愛してあげてください。



11年間、お世話になりました。



(個人の感想、意見ですのでご了承ください)

季節外れのColorful Magic/ジャニーズWEST


題名の通り……!


今は夏!!!


Colorful Magicはクリスマスソング!!!!


お前季節感ねぇのかばかやろう!!


って感じですよねごめんなさい😅笑


でもどーーしてもいま!!書きたいので!!!書きますね〜!☺️✊🏻


このColorful Magicはアルバム「なうぇすと」に収録され、2016年の京セラドーム公演「24から感謝届けます」のクリスマスメドレー内で披露されています。

(まだ見てない方はぜひ💁‍♀️)



この歌は純粋なラブソングです。

「僕」「君」「ふたり」というワードが出てくるためカップルとかなのでしょう。


解釈の段階でこの歌の登場人物をカップルにてしまうと正直全く面白くないため、「僕→ジャニーズWEST」「君→ジャニーズWESTのファン」に勝手に置き換えた私の解釈(深読み)をしていきたいと思います💖


ここからは私の独断と偏見ですのでご了承くださいm(*_ _)m


☆1番サビ前


降り出した雪が 街の音色を消した時刻(ころ)
静けさのなかで 僕らは想い出を見上げた

振り返ればいつだって
必ず寄り添いあって
たどり着いた「今」がある

積み重ねていく
小さな時間を忘れないように
これからも僕ら
急がずにゆこう ずっとふたりらしく



最初のフレーズ「降り出した~時刻」は、「京セラ公演を行った2016年のクリスマス」

とします。ここが肝です!(適当)

その公演の中で僕ら、つまりジャニーズWEST本人たちとファンが今までの想い出を振り返ります。


「振り返れば~たどり着いた今がある」

これは結構そのままの意味ですね。

過去を振り返ってみるといつもメンバーとファンは寄り添いあってきて、そして今、つまり京セラドーム公演がある、ということです。

この日まで嬉しいこと悲しいことつらいこと楽しいこと全部一緒に乗り越えてここまでやってきたという意味になります。


☆1サビ


僕にしか出来ないことや君にしか守れないもの
この地球(ほし)は そんな奇蹟で溢れている
真っ白に染まる街並
色とりどりの想いがあればこそ
世界は輝いていく 君と夢を願う Holy Night



まず、「僕にしか出来ないこと」→「ジャニーズWESTにしか出来ないこと」

これは大まかに言うとアイドルである彼らが応援してくれているファンのみんなを笑顔にすることだと思います。

彼らにしか与えられない幸せや感動やそれに伴ったたくさんの物語をファンと共有すること。つらい時落ち込んだ時、希望の光となって心に寄り添ってあげること。

そんなことだと思います。


「君にしか守れないもの」→「ジャニーズWESTのファンにしか守れないもの」

ジャニーズWESTのファンにしか守れないもの……?って難しく考えなくていいと思います。

単純にジャニーズWESTでいいと思います。

ジャニーズWESTは、ジャニーズWESTのファンでないと守れません。

彼らが壁にぶち当たった時、道を間違えそうになった時、つらい時、ファンも彼らを支える存在です。

なんかアイドルとファンって素敵な関係ですね☺️🌈


この素敵な関係こそが、「そんな奇蹟」なわけです。

大きく言ってしまえば、生まれた地域も年齢もバラバラな彼らがひとつのグループになってデビューする。

そしてファンもたくさんある趣味コンテンツの中からアイドルを選び、そしてたくさんあるアイドルグループの中からジャニーズWESTを選んだ。

これだけでも半端じゃないキセキですよね。


「真っ白〜輝いていく」

真っ白な街並みは、画用紙の白紙の状態を表しています。

そんな真っ白な紙に、7色のストーリーが描かれていく。

7色の色とりどりの想いが重なることで輝きが増すわけです。


「君と夢を願う HolyNight」

ジャニーズWESTが、ジャニーズWESTのファンとこれからの夢を一緒に願うクリスマスの夜(京セラ)です。 



☆2番サビ前


かじかむ指先 そっとつつみ込む掌
結んだその手を 君はポケットに隠した

簡単なことなんて 僕らの前にはなくて
思えば戸惑うことばかり

手に入れた地図が
またふっと一瞬で 色あせてしまう
信じられるのは 右手に伝う 確かな温もり



「簡単なこと〜戸惑うことばかり」

彼らがアイドルとして生きていくのはきっと「簡単なこと」ではないと思います。

私たちの知らないところでたくさん傷ついて間違えてくじけて、、、

このままでいいのか、どうしたらいいのか、きっとたくさん戸惑ってきたはずです。


「手に入れた〜色あせてしまう」

これだ!と思って信じて進んだこと(手に入れた地図)でも、なにかあれば一瞬でなにもなかったかのようにゼロからふりだしに戻ってしまう。また、過去のことになってしまう。そんなことを表しているのだと思います。


「信じられる〜温もり」

手を繋いでいるのがメンバー同士なのか、メンバーとファンなのか。

どちらであっても、お互いが信頼し合って確かな温もり=絆、優しさで繋がっているわけです。

どんな事があっても傍には仲間がいて支えてくれる存在がいる。

やっぱり素敵……!!!😭😭滝涙


☆2サビ


僕にしか出来ないことや君にしか守れないもの
そう誰もが たった一人の主人公さ
本当は分かっているのになぁ
つまずくたび忘れてしまう僕を

となりで支えてくれた

君は夢に架かるヒカリ



最初のフレーズは1番サビと同じですので省略させていただきます。

「たった一人の主人公」

これはジャニーズWEST、ファン、どちらにも当てはまります。

ジャニーズWEST 7人それぞれの人生があって、それぞれにファンがいて、それぞれの思いがあって今活動しています。

7人ひとりひとりがジャニーズWESTという物語の主人公です。

そして、その7人、またはその中から1人を選んで、たった一度の人生の大切な時間を彼らに費やすファンも、応援する立場としての主人公です。

ファンの数だけ、その子とジャニーズWESTの特別な物語があります。


「本当は〜支えてくれた」

自分がジャニーズWESTの主人公であるということはわかっているけど、つまづいた時それが正解かわからなくなって悩んでしまう。そんな時に導くのは周りにいるメンバーと、なにより応援しているファンです。

ファンがいることで彼らは物語の主人公でいれるんです。

それが「夢に架かるヒカリ」なのです。


☆大サビ前1


窓辺に咲いた横顔
笑いあった秘密のフォト
すべて僕らのチカラに変わる
魔法の欠片(かけら)



ジャニーズWESTのメンバー同士で撮った写真なのでしょう。

写真の中で笑い合うメンバーをみて頑張ろう!と思える、そんな魔法なんですね。


☆大サビ前2


君と巡り会えたことも
僕らをつないだ願いも
この地球(ほし)に ただ1つだけの物語



「君と巡り会えたことも」→「ファンのみんなに巡り会えたことも」

「僕らを繋いだ願いも」→「ジャニーズWESTメンバー同士、そしてジャニーズWESTとファンを繋いだ願いも」


それらが「ただ1つだけの物語」なんです。


ジャニーズWESTとファンが出会い、同じ願いを持つことで気持ちが繋がった。

そんなキセキで溢れたこの世界でたったひとつの物語なんですよね。ほんと素敵……😭😭😭😭(しつこい)



☆大サビ


僕にしか出来ないことや
君にしか守れないもの
この地球(ほし)は そんな奇蹟で溢れている
真っ白に染まる街並
色とりどりの想いがあればこそ
世界は輝いていく
君と夢を願う Holy Night

思いのままに
君と夢を願う Holy Night



サビの部分は1サビと同じですので省略させていただきますm(*_ _)m

最後の「思いのままに君と夢を願うHolyNight」というのは、そのままですね。

京セラドームという夢の空間の中でその次の夢をジャニーズWESTとファンと一緒に願う特別なクリスマスの夜。





この歌、京セラの時大サビ前で照史が「Merry Christmas!!」と叫ぶと赤緑白の風船が上から降ってくる演出をしてたのですが、、それがもう、、、最高で、、、😭😭


自分で勝手に解釈しておいて、泣きそうです。

彼らがジャニーズ事務所に履歴書を送り、バラバラで入所し、バラバラのグループでJr時代を過し、いくつかの別れを経験し、7人がひとつのグループとしてデビューする。

そんな彼らに惹かれ応援している私たち。

たくさんのキセキの積み重ねなんですよね。


ありがとう、ジャニーズWEST


出会ってくれてありがとう、、、。


私はまだトップに立つ夢諦めてないよ、、


立てないかもしれない、それでもいい、一緒にがむしゃらに進んでたあの頃を思い出して欲しい。


一緒にColorful Magic起こそう!!!




濵田崇裕 今回の騒動について私が思うこと②


アクセスの数が突然ギュイーンって上がって驚いてます😳笑


あんな変な文章をたくさんの方が読んでくださったなんて少し恥ずかしいです……

もう少しちゃんと書けばよかった😅




みんな濵ちゃんのことやっぱ気になるよね……



言いたいことはひとつ前のブログでほとんど書いたのですが少しだけ追記します…。



Twitterをチラッと見たのですが、たくさんの意見がありますね。



気にせず応援する人、濵田を叩く人、濵田を信じたくても信じられない人、整理ついてない人、濵田の自由にしろって言う人……



どの人が正しいとか間違っているとかそんなのはないです。


その人の感性ですから。


そんなことでファン同士がモメたらダメですよ。



気にしない人は気にしないでそのまま応援し続けてください。


もうジャニーズWESTのファンをやめようかと思ってる人。


それ自体を止めようとは思いません。


担降りは自由ですから。



中にはほんとは降りたくなくて、これからも応援したくて、でも今回のこと受け入れられなくてつらい人がいると思う。


そんな子たちに伝えたいです。


今まで濵ちゃんがくれたものは全部本当に嘘でしたか?偽りでしたか?


やってはいけないことをした、失望されても仕方ないです。


濵ちゃんのことが大好きなんですよね

大好きでいたいんだよね


色々冷たいこと言ったって、本当は濵ちゃんのことが心配で心配で。

でも何やってんだよってやり場のない怒りが募って……


ゆっくりで大丈夫です。


もう一度濵ちゃんのことを応援しようと思えるその日までゆっくり考えてみてください。


そう思わせるのはもちろん濵田崇裕自身ですが。


濵田が裏でファンのこと嫌いって言ってるとかそこら辺の真偽は正直わかりません。

まあ嫌いって思う時はあるでしょう。

なんたって最強「ジャニーズオタク」を相手にするわけですから(お前もだろ)



今は濵田のこと何もかも信じられない子もいると思う。


濵田だけは……って思ってた人きっと多いはずだから。



ジャニーズWESTデビュー5周年記念日の時のジャニーズweb「なにわぶ誌!」、ジャニーズファミリークラブでのジャニーズWESTデビュー5周年記念展示内のメンバー直筆メッセージ。


どちらにも「愛してます」と書いてありました。

そんなこと書いてるの濵田だけでした。

(違ったらごめんなさい)

(ファミクラの方は流星も書いてた)


ありがとう、って正直簡単に言えるんですよ。

応援してくれてありがとうって。

ありがとうは7人みんな言ってます。

逆に5周年で言わない人はちょっとやばいんじゃね?!くらいの勢いですよ(笑)


でも「愛してる」なんて言うジャニーズタレント、最近なかなかいませんよ。特にデビュー組は。(セクシーサンキューさんは別格です)


本当に思ってないとそんな言葉でないと思います。

だからその濵田の言葉に嘘はないと思います。


信じられないかもしれません。

それはそれで大丈夫です。

ゆっくりでいいから☺️



多分雑誌で言ってたことですが、

「ファンの子に手を振ったらみんな倒れるくらい喜んでくれる。かわいくて仕方ない」

(ニュアンス)



こんな事言うのも濵田だけです。


濵田くんはきっと自分のファンの子たちのことが可愛くて仕方ないし、愛おしく思ってるはずです。


つらいね、信じて、こんな形で裏切られるの。つらいよね。


 これからの濵田崇裕を一緒に見ていきましょう。


これからどうするかは自分自身で決めてください。



あなたが信じてた濵田くんはどんな濵田くんでしたか?



みんな今はたくさん泣いても大丈夫。


私も元担の熱愛の時は号泣しましたから。(誰得情報ごめんなさい)






※個人的意見感想ですのでご了承ください。



濵田崇裕 今回の騒動について私が思うこと

えー、、

2019/6/8にジャニーズweb「はまだのPhoto日記」に載せられた1枚の写真が波紋を呼びましたね。


写真自体はチキンとキノコのトマト煮的なやつで、「おいしそー」的な文が添えられていました。


これだけ見ると普通の更新内容です。

まあ濵ちゃんにしては料理上手だなくらいしか思ってなかったですね。

アホなので、私にも作ってー🥰とか思ってました。



その写真1枚で大変なことになりましたね。


同じ料理の写真をInstagramのストーリーにあげた一般の女の子がいました。


パッと見、よくある匂わせもどきかなって感じでしたが、濵ちゃんが載せた写真には写ってない範囲まで写ってて、ほぼ確実にクロでした。


具材の配置や傾きなどは同じです。


頭悪い人以外の人が見たら確実にわかるとおもいます。


気になる方はTwitterで「濵田 匂わせ」とかで調べて見てくださいな(勧めるな)



そのせいかはしりませんが、6/9の桐山照史のwebは照史の写真の撮影者や隣に映りこんだ人の詳細が記載されてました(両親でしたが)



いろんな意見があると思うんです。

たくさんのファンがいるんです。

ひとりひとり思いは違います。

応援の熱量も違うんですから。


アイドルとはいえ彼も人間ですし、もう30歳のいい歳した大人です。

そりゃあ彼女のひとりやふたりいますよ。

ジャニーズですし。

そこらの男性よりはモテるはずです。

彼女がいることすら受け止められない子はジャニオタやめることを勧めます。

女性アイドルもいいですよ(^ ^)オススメ


べつに女遊びしてようが、西麻布で遊んでようがいいんです。

そんなのみんな知ってますし。

(犯罪はダメ絶対)

そうやって息抜きして笑顔で私たちの前で「アイドル」をしてくれたら。

それだけで私自身は満足です。

だって私達は「アイドル」の彼らを応援してるんですから。

裏なんて絶対に見せちゃいけないんです。


今回濵田くんは裏を見せましたね。

アイドルとしてタブーなことをしました。


およそファンの人しか見ないであろう有料コンテンツでわざわざ女の香りのする写真を載せるなんて神経疑いますね。


美味しそうだから載せた。


そうだったとしても立場わきまえてください。だーーれももとめてないです。


それならずっと自撮りでいいです。はい。



これがねJr.の子ならまだ良かったんだよ。

いやダメなことには変わりないけど、Jr.時代ってそうやって学んで成長していくものだと思うから。

いやもう一度言うけど本当はダメだよ?😅


濵田くん、あなたもうデビューしてるんですよ?しかも大切な5周年の年。


長いことJrで下積みして、やっと掴んだデビュー。

メンバーやファン、スタッフの力を借りてデビューしましたよね。

デビューしてからも決して華やかな道を進んだわけじゃないですよね。

後輩のグループに抜かれて悔しかったんじゃないんですか?


グループのマイナスイオンで、彼のおかげでWESTが成り立ってる。

歌も上手でダンスも上手、穏やかで面白い。

いいところたくさん持ってる。

そんなあなたをジャニーズWESTのファンはきっとみんな大好きなんです。

濵ちゃん、メンバーでいてくれてありがとうって思ってるんです。


なのに、、


大人げない。

情けないし、悔しい。


Jr時代から見てるからこそ、本当に悔しい。

こんなクソしょーもないことで(しょうもなくはない)、ファンがどんどん離れていくのが悔しいし、その子たちが気の毒で可哀想で仕方ない。

裏切ったんですよ濵田くん。



ジャニーズWESTの最年少で後輩、そして尊敬するメンバーに濵田崇裕とあげる小瀧望が正直グループで1番頑張ってるじゃないですか。

歌だってダンスだってグループで特に秀でてるわけじゃない。

でもジャニーズWESTのために、がんばってるじゃないですか。


センターの重岡大毅だって、ずっとドラマに出て、ずっと真ん中にいて、「みなさんの1番のグループになりたい」って。


お兄ちゃん……

なにしてるんですか。。。



載せる写真なくてあんなの載せるくらいなら別に週一更新でいいですよ。



なにがあったのジャニーズWEST


もうこのままでいいやって?

この位置でいいやーって?


雑誌で「今後の目標」を見ました。

まあみんな色々な夢がありましたよ。

重岡くんはなーんにも変わってませんでした。

「ドーム、紅白」

センターの夢、叶えてあげたい。

重岡担じゃないけど、みんなのこと大好きだし、重岡のこと大好きだから。

でも、ファンがどんなに頑張っても、お金出してTwitterでも宣伝して友達に言っても、どんなにやったって、ジャニーズWEST本人が

ちゃんとしてくれないと、それに伴う行動をしてくれないと、私たち応援損なんですよ。



一緒に最高の景色見たいんですよ。




濵田くん、今回のことはずっとみんなの心に残ります。

でもまだみんな100%嫌いになんてなってない。

担降りとか言っててもみんな女の子です。

女の子なんて強がりな生き物だから、ほんとは濵ちゃんのことこれからも大好きでいたいし応援だってしたかったはず。

自分に言い聞かせてるだけだと思う。

しっかり反省してください。

謝罪も一つの手だし、それが一番いいんだけどきっと難しいと思うから、これからの濵田くんの行動言葉ひとつひとつでファンに気持ちを伝えてください。


これからも一緒に、ジャニーズWESTと一緒に、最高の景色を見たいんです。


あなたたちがくれた分、ファンは返します。


お願いします、


もう一度あの頃を思い出してください。


これからも応援します。


P.S.

重岡!!行列のできる法律相談所、めっちゃよかったで!!✊🏻




※個人的意見感想ですのでご了承ください。




重岡大毅の歌う歌詞のエモさについて

題名のまんまです。
ちょっと眠れないのでたらたら書かせていただきます。
夜なので誤字脱字ありましたら申し訳ございません。


存在がもう!!!青春!!!エモい!!
って感じやないですか、彼って。

何度、隣の席の男の子を重岡くんに変えて妄想したことか……。(気持ち悪い)(みんな……したよね??^^)

まずはもう、これでしょう


乗り越しラブストーリー


あぁ、、もう
曲名からして最高。
なんですか、乗り越しラブストーリーって。
ガッツリ失恋してるのわかる感じ
せつなっっ
溺れるナイフ」「宇宙を駆けるよだか」などで幾度も?失恋する役を演じてきた彼が失恋ソングを作りました。

この頃はよだかまだだっけ?
まあ細かいことは無視しましょう(ごめんなさい)

私の好きな歌詞というか多分みなさんも好きであろう歌詞を紹介します。

〔誕生日にくれた 流行りのキャップ 実はサイズきつい  私も一緒に使いたくってってエエへちゃうで〕

これがあのにこにこ笑顔と甘いキャラメルボイスで脳内再生されるわけですよ。
「エエへちゃうで!」って言いながら、貰ったキャップを少し雑に彼女の頭に乗せて頭をポンポンってする姿が容易に想像できます。
妄想最高!!!!!(黙)


次行きます


次は重岡くんも好きなこの歌!


ボクら


あの さくらももこさんが作詞された曲としても有名ですよね(^ ^)
そして重岡くんがジャニーズWESTの中で好きな曲でもあります。
これを好きな重岡くんって、オタクが想像してる重岡くんのまんまじゃない??

〔キミはキミのために生きるんだ 
ボクはキミの陽だまりになる〕

これ!!特に、「ボクはキミの陽だまりになる」この歌詞は重岡くんもこの歌の中で好きな部分らしくて、、、
もう頭抱えますよね。

オタクからするとジャニーズWESTってほんとに陽だまりのような存在で、帰ってくるあたたかい場所なんです。
その中でも特にひときわ明るい重岡くんはもはや太陽。
そんな太陽くんがこの歌詞好きって言って、しかもソロパートで歌うんですよ。
泣く以外ありません。
重岡くん、ドラマおめでとうございます!
太陽くん役楽しみです!(宣伝すな)


次、

アンジョーヤリーナ


最近の曲ですね。
これ初めて聞いた時、あーーージャニーズWEST好きでいてよかった~って思いました。

〔愛せ君の人生〕

友達とノリで履歴書を送り、自分だけ受かって、入所して、背が高いからという理由で(確かそう)7WESTになり(多分)(記憶曖昧)、そしてデビューした。
そんな彼は、「この仕事が天職だ」と言うんです。
そんな彼が、「愛せ君の人生」って言うんです。

えっっっっっっっっも!!!(語彙力0)

どんなことも全力で楽しむと言う彼は、きっと心の底から自分の人生を愛してると思います。あぁなんて素晴らしい人間なんでしょう


ここらか少し短めに行きます
長くなりすぎました(反省)


Lovely Xmas


大天使自担 神山智洋くんとの曲です。
とってもかわいらしいクリスマスソングです
真っ白な衣装に身を包んだ天使ふたりがぴょこぴょこしながら歌います。

〔前髪切りすぎたと おでこを触る君が 可愛くて 抱きしめたくって 困るよ〕

ああ……(昇天)
女の子が「前髪切りすぎちゃったんだ〜へへへ」ってしてる姿を見て愛おしくてたまらないのを我慢してる重岡くん、最高です、妄想ですが。


CHO-EXTACY

〔君の言うこと真に受けるあいつ 冗談でしょ〕


冗談でしょ~の歌い方も含め好きです。
EXTACYのせいで君が彼を好きだという思い込みを「勘違い」して「真に受ける」「あいつ」を嘲笑う感じ。
勝者の笑みですね〜


All my love

これは人気がある曲ですよね
京セラの感動、忘れません。

〔All my love 支えてくれてありがとう〕


あんな笑顔で優しく強く歌うんです
響かないわけありません。
そして重岡くん自身、「ファンに支えてもらってる」ってよく言ってます。
こちらこそありがとうと伝えたいです。



マ・ル・モ・ウ・ケ

〔つまずきそうな時 涙で景色が滲む時 あなたのジャニーズWEST 出番です〕

この言葉にジャニーズWESTの全てがこもってる、そしてそれを重岡くんが言う。
素晴らしいですね……
楽しい時はもちろんだけど、君がつらい時逃げ出したい時は俺らを見て。
そんな感じでしょうね。
太陽のような彼が言うんです。
ファンの曇りを晴れに変えてくれる。
重岡くんが言うからこそ真実味があるというか、こう……くるものがありますね、、



100% I Love You

もともとtheアイドルって感じの歌が大好きな私からしたら、この曲は最高です。
(1番はプリンシパルの君へです)

WESTV!のダンスも衣装もとっってもかわいかったですね(^ ^)

〔大大大好きだぁ〕

京セラのDVDでこれを叫んだ重岡くんが収録されてますが、ここを見る度、もうなんか涙でます。

私も!!大大大好きだよーー!!(滝涙)
って感じです。

重岡くんが言うから、叫ぶから、意味が生まれるんだなと思います。
彼の言葉って嘘がないじゃないですか。
もちろんほかのメンバーもそうだけど、重岡くんは特に。
歌詞だけど、彼が歌うフレーズひとつひとつ、彼の気持ちがこもってる気がして、ド直球の「大好き」を受け取った私達はもうどうすることも出来ません。泣くしかないですね。
(語りすぎた)





いま逢いたいからしょうがない


〔今度はGood 離さない〕

Goodをギュッとに勝手に脳内変換して聞いてます、気持ち悪いですごめんなさい。

なうぇすとかな?
アンコールで歌ってますよね、あれ、最高ですよね??(圧)

甘いキャラメルボイスではありますが、男らしさもある、ほんとに離してくれなさそうででもなんか切ない歌い方にキュンとしました〜さいこ〜!!!



Wake up!

最近歌いませんね。

よっしゃ!夢の続きだWake up! Sun Sun お日さんもご機嫌だし

かっっわいい……
NHKの某番組の歌ですか?
子供とダンスするWESTさんが容易に想像できますね……
これを全力笑顔で歌う重岡くん……アイドル………



バンザイ夢マンサイ!

この歌は歌詞の全てがほんとに素敵で元気づけられますよね。

〔変われなくてもええねん〕

泣きました、聞いた時。
多分アイドルしてたら、変わりたくても変われなくて上手くいかなかったり、そんなこと私たちよりたっっくさんあると思うんです。
重岡くん自身だって悩んだことあるはず。
そんな経験をした彼が、「変われなくてもいいよ」って。
無理に変わろうとしなくたって、自分は自分でいいんだって思いました。すき。

最後

シルエット

〔2人歩く帰り道 嬉しそうに君が笑うから〕

この後の淳太くんのパートを含め大好きです。そもそもシルエットが大好きです。

嬉しそうにって笑う彼女を笑顔にさせてるのは重岡くん自身なはず。
それを愛おしいと思う重岡くん。
なんて最高なんですかね
私も重岡くんと一緒に帰って重岡くんの言葉で笑いたい人生でした。
よだかの火賀を思い出します。




どうでしたか、、?
みなさんも同じところだったりしますかね?
(^ ^)
まだまだたくさんあるので第2弾も出来たらいいなぁって思ってます、ふふ。
めっちゃくちゃ長くなりましたが、もしここまで読んでくださる方がいましたら、本当にありがとうございます(^ワ^=)(^ワ^=)

ここでの私の発言や意見や妄想などは私の独断偏見個人的趣向なので、ご了承ください。



Hey! Say! JUMP 2019年アリーナツアー中止に伴って〜

※私が思ったことを書き連ねていきます。

不快にさせてしまったら申し訳ございません。個人的な意見ということをご了承ください。




先日、株式会社ジャニーズ事務所さんからHey! Say! JUMPの今年度のアリーナツアーを「見送り」するというお知らせがありました。


ファンクラブメールでそれを知った私はそのあとのバイトが全く手につきませんでした……


JUMPに会うために、ツアーを楽しみに今までがんばってきたのに……


当たり前にあると思っていたことが突然なくなってしまうこと。改めてこわいと思いました。



次の日、ワイドショーで「Hey! Say! JUMP アリーナツアー中止」と取り上げられる度に、まるでその「Hey! Say! JUMP」が他人のように思えました。


物理的なものだけでなく、心の距離までずーーっと離れてしまったような、そんな気がしました。



誰が決断したんだろう。

何万規模の人たちの期待を裏切る決断をさせてしまったこと。

アイドルがアイドルでいられる場所。

それを奪ったファンの責任は大きい。

でも彼らはその責任を自分たちで背負った。

なんて情けないんだろうと思った。


そもそもアリーナツアーの発表なんてされていなかった。

あたかも事前にお知らせしてあったかのような言い回しに違和感を覚えました。

事務所の闇は深そうなので、多分ですが、一般の方に迷惑をかけるという理由以外にもっと決定的な何かがあるのではと勝手に思いました。


そもそも最近の彼らを見ていると本当にアリーナツアー中止が「苦渋」の決断だったのかどうかも定かじゃないです。

そうだと信じたい気持ちもわかります。

私だってそう思いたいですが、10年以上も彼らを見続けているとやっぱり嫌でも感じてしまうんです。



アイドル、楽しい?


って。


「とりあえず」アルバム出して、「とりあえず」毎年ライブやって、「とりあえず」ドームも。みたいな


マンネリ化というんでしょうか。

24時間テレビから10周年にかけてのあのキラキラ感、疾走感、ガムシャラ感。

全部失ってるように見えてしまう。


いや、そりゃあ、かっこよくて可愛いことにはなんの変わりもないんですよ。


でもここ最近、JUMPを降りる人が多いことがそれを示しています。


平成最後に数々の爆弾を落としてくれた彼ら。


有岡担の私は、もやもやしたまま新年を迎えました。


今まで大きく熱愛を取りあげられたことなんてなかった。

熱愛の直後に出た生放送の歌番組。

そこに写った彼は、私が知ってる有岡くんじゃなかったです。

「なにこの人」って冷めた感じで見てました。

まあ今はそんなこと忘れてデレデレしてますが。(切り替え早い)


10年以上も彼らを見てきたんです。そう簡単に離れるなんて出来ません。


龍太郎がJUMPからいなくなった時に勝るものはないと思ってたからです。


でもここ最近のJUMPは見ていて全然楽しくなかったのは事実です。



(カレンダー、くそかっこよかった)



全然シングルも出さないし本当に大丈夫?

15周年にちゃんと向かえてるかな……と心配していた矢先に、8人全員の個人仕事。

そして2週連続シングル発売の発表。


一応安心しました。


ジャニーズWESTが5周年だったのでそちらになかなか忙しくあまりJUMPを見れてなかったのはここだけの話。(・ω<)-☆


でも彼らが出ている雑誌はほとんど目を通したと思います。


まあ平成が終わり令和になるにあたって何かと話題に出たので少し前に感じていた違和感は少し消えてきていました。



そんな時、先日の発表がありました。


本当にファン失格だし、こう思ってしまった自分も最悪だと思うけど、


「もう二度とツアーしなくていいよ」


こう思ってしまいました。


JUMPが嫌いとかそういうことじゃありません。

どうしたって一般の方に迷惑はかけてしまうし、公共交通機関が暴れる人はいる。

そもそもそれが間違ってると思っていない彼女たちにそんなことが効くとはおもえない。

JUMPじゃないグループに行く可能性は十分にある。

他のグループだってファンが迷惑をかけている。


新幹線、飛行機移動についてだって、示談で色んなことを解決してる大手芸能事務所ならどうか出来るはず。

別にバスでいいじゃん、って思いますよ。

私そんなにそこは甘くないです。

彼らはお金をもらって仕事してるんですから。

アイドルなんてファンがいてこそ成り立つ仕事です。

体がきつい?寝れない?次の日仕事?

知りませんそんなの。

それは勝手なそちらの都合です。いやほんとに。

考えが違う方は不快に思うでしょう。

それは本当にごめんなさい。



でも私はそう思ってしまいます。


テレビや雑誌にも出るし、コンサートだけが彼らを応援できる場所じゃない!

っていう考えもあると思います。


でも媒体から見る彼らなんていつでも見れますよ。解散や活動休止しない限り。


この目で彼らを見たいし、パフォーマンスを見たいし、言葉を聞きたい。


なーんにもないんですかね?

ツアーないから。


時間できたからって遊ばないでください。

最近のJUMPだとやらかしそうで不安で仕方ないです正直。


ジャニーズ事務所が何を考えているのかわからないし、今回のことに正解はないのは確かですが、なんか違うような気がしました。


JUMPの事務所内の扱いというか位置がはっきりわかった気がします。


デビューした年でいうともう全然後輩扱いじゃないし、ほんとはかなり先輩だけど、実力的にも中堅。みたいな。

  

とりあえず正直まだ気持ちが整理できてないのでオチはないですが、彼らの口からはやく言葉を聞きたいです。


光のwebも更新なかったしなぁ。

あー今日のヒルナンデスこわいな。

リアタイ出来ないのでTwitterで確認するけど……

普段通りの笑顔で出てきてくれるとは思いますが。



JUMPとファンの間にできた壁、または溝は結構大きいと私は思います。



彼らはまだ大丈夫、だと信じています。信じさせてください。


またみんなが楽しくJUMPを応援できる日まで、そしてJUMPが心からアイドル楽しいと思える日まで待ちます。




まとまりのない文章で申し訳ないです(_ _)